降圧剤を使用するとき、それはどんな時でしょうか?血圧をさげ、様々な病気を予防するためです。ですがその降圧剤を飲むことによって死亡リスクが高まるといった研究結果が発表されています。どうすることが正解なのでしょうか?

血圧はどのくらいから高血圧とされるのか

高血圧と診断される血圧値は、多少の差はありますが、数字として設定されています。
血圧には上の数値、最高血圧と下の数値、最低数値があります。そして高血圧と診断されるのは、最高血圧が140以上で、かつ/または最低血圧が90以上ある場合です。
そして更に、その中でも数値によって程度としては3段階に分類されています。
最高血圧が140~150未満で、かつ/または最低血圧が90~99未満の場合はI度、最高血圧が160~179未満であり、かつ/または最低血圧が100~109未満の場合はII度、そして最高血圧が180以上でかつ/または最低血圧が110以上の場合はIII度に分類されます。
そして高血圧と診断されない数値であっても、最高血圧が130~139でかつ/または最低血圧が85~89の場合は、正常高値血圧と診断され、これは高血圧の予備軍のため、それ以上、血圧を上昇させないような対策が必要となります。
またI度からIII度に該当した場合は、血圧以外の予後影響因子の有無、数によってリスク層がわけられており、その組み合わせによって降圧のための適切な対策をとる必要が出てきます。
程度が軽い場合は、いきなり降圧剤が処方されると言うことはなく、生活習慣の見直しによって降圧を目指していくことになります。
ただし血圧は、計測する場所や時間帯、またその人の、その時の健康状態などによって数値が大きく変動することも珍しくはありません。
低い数値が出ると言うことは少ないのですが、病院などで計測した場合は、お医者さんを前にすると緊張してしまって、いつもより高い数値が出ることもあり、これは白衣性高血圧と呼ばれています。
ですから血圧は、できれば自宅で、決まった時間に計測し続けること、そしてその平均値を見ることが大切になってきます。
それをしておけば、自宅と言うリラックスできる環境下で計測した血圧値ですから、ある程度、信頼できます。