降圧剤を使用するとき、それはどんな時でしょうか?血圧をさげ、様々な病気を予防するためです。ですがその降圧剤を飲むことによって死亡リスクが高まるといった研究結果が発表されています。どうすることが正解なのでしょうか?

降圧剤のメカニズムと症状に応じ使い分けが可能な状況

高血圧治療においては降圧剤を用いて血圧を適切な領域にコントロールすることが目指されます。
高血圧は自覚症状を伴わないことから降圧剤服用のコンプライアンスが悪いこともしばしばありますが、合併症によって重篤な症状があらわれる可能性が高いということを理解すると患者も正しく降圧剤を使用するようになります。

降圧剤は数多く市場に出回っており、いくつかの異なるメカニズムで身体に作用します。
主なものとしてよく用いられるのにカルシウム拮抗薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン2受容体拮抗薬といったものがあります。

カルシウム拮抗薬のメカニズムはカルシウム受容体の阻害を行うことにより血管拡張をもたらすというのが基本です。
アダラートなどがカルシウム拮抗薬として挙げられます。アダラートの使用は脳卒中の予防にも繋がると言われています。

また、アンジオテンシン変換酵素阻害薬はレニン−アンジオテンシン系と呼ばれる腎臓系の血圧調節機構において、血管収縮を促すアンジオテンシンの生成を抑制することにより血管拡張をもたらします。

アンジオテンシン2受容体拮抗薬はオルメテックなどがその類になります。
同じ調節系でアンジオテンシンが作用する受容体を阻害することで血管拡張を促すのがメカニズムです。

こういった形で別のメカニズムで血管拡張をもたらすことにより降圧作用を示すということが多いのが降圧剤の特徴です。

この他にも中枢神経系に作用したり、心臓に作用したりすることで降圧作用を示すものもあり、降圧治療においては多様な選択肢があります。
患者のもっている疾患や諸症状に応じて適切なものを選択できるというのが良い点であり、高血圧治療における血圧コントロールは概してうまく行えるようになっています。

しかし、血圧をコントロールできても根本治療にはならないため、基礎疾患の治療や生活習慣の改善も必要になります。