うらら酵素に限らず口に入れるもので
重要なことのひとつに安全性があります。

安全でなければ
意味がないといっても過言ではないので
そこは必ずチェックしてほしいポイント。

うらら酵素は安全性にも
気を使っているようですので
そこまで心配はいらないと思いますが
少しだけ深く考察していきます。

・うらら酵素はどう安全に気を配ってるか

うらら酵素は栄養が豊富だとか
ダイエットにいいだとか
いろいろ言われていますが、
あまり注目されないのは安全性です。

どんなものでも安全性は
必ず求められる要素であり、
食べ物ならなおさらそうです。

日本の場合、きめ細かい
サービスが得意なこともあり
リスクは低いかもしれません。

しれませんが、
それでも安全性については
忘れてはいけないと思います。

安全性が盲点となったら
危険性に気づけなくなりますし、
健康リテラシーもあがりません。

ということでうらら酵素の
安全性について考察していきましょう。

うらら酵素の場合、
けっこう意識があるほうの商品なので
安全性についていくつか
ポイントを挙げられています。

配合成分の原料が国産であり、
国内GMP工場で生産されていること、

各種検査を実施していること、

無添加にこだわっていることなどです。

GMP工場とは品質管理がよいと
国に認められた工場のことで、
それだけでもステータスになります。

製造工程において微生物や
金属などの有害となりうるものを
検査しているそうです。

無添加は香料、合成着色料、
保存料、防腐剤、膨張剤となっており、
化学物質はほぼ含まれていないと
思っていいでしょう。

ということでそれなりに
気を使っているのはわかります。

・うらら酵素に足りない安全性

そもそも食品の商品に関しては
安全でないと売れないわけですから
売り物になっている時点で
それなりに安全性は担保されていると
思って良いかもしれません。

ただ、近年の食に関する問題点は
じわじわと悪さを働くことです。

つまり飲んだその時点で
健康被害はでないけど
長年に渡るとどうなるかわからない、
という感じです。

ですから製造工程とかよりも
原材料の質や放射能に関して
目を向けるべきだと思います。

国産=安全と思ってる人は
いまだに多いと思いますが
その真逆の指摘だってあります。

なぜなら農薬や化学肥料を
世界一の水準で使ってるからです。

放射能問題もいまだに解決していないので
日本人にとっては最重要課題と
いっていいことです。

そこまで意識してくれていたら
もっと高評価なサプリだったのですが
それらが欠けてるのが気になります。