うらら酵素はドラッグストアには
売っていないので注意しましょう。

便利なので売っていても
いいとは思うのですが
その可能性は低そうです。

ネット限定系の商品は
ずっとそのままいく
可能性のほうが高いからです。

・ドラッグストアにないのは高いから?

ドラッグストアはとても便利です。

名前の通り昔は薬しか
置いてないような店でしたが
最近はスーパー化してきており、

いつのまにか大きなコンビニみたいな
存在になってきていますね。

下手なスーパーよりも日用品が安く
ちょっと変わった便利なものまで
いろいろ売っているので
重宝している人は多いでしょう。

サプリメントも必ず取り扱っており
見たことないものまで多く並んでいます。

ドラッグストアのネットショップを見ても
わかるようにどれがいいのか
さっぱりわからないほど多いです。

全体的な特徴としては
安いものが多い傾向があります。

1袋1500円前後で
たまに2000円台があり
それ以上になると稀です。

そう考えるとうらら酵素は
かなり高い部類に入るのがわかります。

冒頭でもお伝えした通り
うらら酵素を取り使っている
ドラッグストアは存在しません。

それは高すぎることが理由でしょうか?

いえ、その可能性は低いでしょう。

・ドラッグストアにうらら酵素がない理由は?

うらら酵素はもともとネット限定で
売り出している商品です。

そのような商品は他にもたくさんありますが、
概ね実店舗で売られることはまずないです。

その大きな理由はコストが嵩むからと
考えられます。

送料がかかったり店舗ごとの
マージンが発生したりしますので。

その商品が有名かつ社会的に
役に立つものなら売れやすいので
ドラッグストアなどの実店舗側は
すごくいい立場になるでしょう。

ところがメーカー側からすると
損する部分も多くなります。

ついでにいうと消費者側も
上乗せされた経費を商品代金に
反映させられるのでちょっと損です。

要はメーカー都合によって
ネット限定にしているから
ドラッグストアにはないんですね。

あと実店舗だと定期購入ができないので
その意味も強いと思われます。

うらら酵素は最近でこそ
個別売りにも対応しましたが
最も推奨しているのは定期です。

定期だと2個目以降も
再度注文する必要がなく、
売りやすくなるので
どこのメーカーもやりたがる手法です。

個別だとまた自分で注文処理を
することになるので、
それだけでも売上は激減する可能性が
高くなってしまいます。

ということでまとめると、
ドラッグストアにうらら酵素がないのは
完全にメーカー都合だと推測できます。