うらら酵素の原材料について
少し言及していきます。

ある意味では成分よりも
重要な要素なのですが
あまり注目されていないのが現状です。

原材料によりその製品の質が
左右されるからです。

ただ気にしすぎてもあまり意味はないので
気に入らなかったら買うのをやめるか
どうかを決めるだけになります。

・うらら酵素の原材料は多種類ですが

うらら酵素には数多くの
原材料が使われています。

たとえば植物発酵食品では
にんじんやらピーマンやらしいたけやら
レモンやらパイナップルなどです。

それらは非加熱処理素材ということで
39種類使われています。

穀物発酵エキスはヨモギやら
高麗人参やらイチョウ葉など
234種類も使われているそうです。

単純に足し算すると273種類もの
原材料が使われていることになります。

おそらく他のサプリと比べても
かなり多い方かと思われます。

厳密に言うと添加物も原材料に入るので
実際は280種類ほどかと思われます。

普段の生活において
そんなにたくさんの食材を
口にすることはないので、

考え方によっては
ものすごく効率的かつ
合理的かもしれません。

サプリは賛否両論ありますが
栄養が不足気味のときに
一時的に補給するという意味では
役に立つものです。

もちろん食生活あってこそなので
うらら酵素に頼っているようでは
何も変わらないと思います。

未だに間違った認識が
広がっていると思われますが、
品目が多ければ多いほど
いいとは限りません。

製造に関わっていない限り
知るよしもないですが
何らかのこだわりをもとに
それだけ入れただけのことで、

数百種類入っていないと
意味がないわけではないです。

あと個々の原材料がどれだけ
使われているかもわからないので
数はそれほど重要じゃなかったりします。

たとえ測りでないと重さがわからないほど
ほんの僅かしか使われていなくても
原材料に使ってると表記もできるので。

・一番重要なポイント

あと忘れてはならないのが
それぞれの原材料の質です。

例えば人参はどこでどのように
作られたのかによって
かなり質が違ってきます。

日本の作物は残念ながら
世界一危険といっても
過言ではないのが現状です。

農薬や放射能の問題があるからです。

もちろんそこまで気にしてたら
何も使えなくなるという
問題もあるのですが、

どうせ高いものを買うなら
質がいいもののほうが
良いに決まっています。

ただ、そこまで厳密に
こだわってる商品は
なかなかないのが
また残念なところです。

うらら酵素がどこまでこだわってるかは
販売ページを見るだけじゃ
わからないので
直接問い合わせてみてください。