うらら酵素に副作用があるかどうかですが
理論上ないともあるとも言えます。

厳密な意味ではないですが、
アレルギーをその意味に
含めるとしたらあるという感じです。

とりあえず言えることは
薬とは全く違うものなので
リスクはかなり低いってことです。

・副作用の基礎知識

まずは副作用とは何かを
しっかり覚えておきましょう。

そうでないと混乱しがちだからです。

副作用は本来、
医薬品により起こりうる
体にとって悪い効果の総称です。

医薬品は西洋薬だけでなく
東洋薬も含みます。

眠くなるとか発赤が出るとか
添付文書にごっそり
書いてあるのがそれです。

ということで厳密にいうと
薬以外で生じた悪影響は
副作用とは言いません。

サプリは薬ではなく
食べ物という分類です。

何か食べて調子悪くなっても
副作用とは言わないですよね?

でも現実問題として、
手軽に飲めるサプリなどは
薬みたいな役割があり、

ときおり通常の食事では
出ないような症状がでる事例が
数多く世に出ているなどのことから、

薬以外のものでも
副作用という言葉を使うことが
よく見受けられるようになりました。

そのうち「全然」みたいに
意味が拡張される可能性も
考えられなくはないです。

わかりやすいといえば
わかりやすい表現ですので
ここでも便宜上使うことにします。

・副作用が起こるかは未知数

ではうらら酵素の副作用についてですが
基本的にはないといえます。

なぜなら食べ物の範疇だからです。

正確には栄養補助食品ですが
要は食べ物と同じようなものです。

ですからふつうに考えると
副作用は存在しないことになります。

安全性にも気を配っていることから
リスクはとても低いと言えるでしょう。

強いて副作用があるとすれば
アレルギーでしょうか。

どんな物質もアレルゲンになりえますから
成分数が多いほどリスクが高いと
考えることもできます。

特に深刻なアレルギー症状がなく
日常生活を送れているのであれば
気にする必要はないと思います。

そもそもアレルギーで悩んでいる人は
サプリなど飲まないと思いますが…。

体質的に合わなくて飲めない
といった口コミも
ほぼ存在しないと思われます。

もちろん飲んで気持ち悪くなったら
中止するべきなのですが、
好転反応の可能性もあるので
判断は難しいところです。

好転反応は体内の悪い部分が
外に出てくることで
一時的に調子が悪くなることで
すぐに治まるものです。

もし体質的に合わないのであれば
継続的に体のどこかに
炎症が出てきたりするので、

そういうときは中止して
アレルギー検査などで
調べてもいいかもしれません。